レディースローン審査

個人事業主(自営業者)

個人事業主(自営業者)がお金を借りるには?

個人事業主と言ってもピンからキリまであります。
決して、その月のピンチを実際に消費者金融のキャッシングでしのいでいる人たちもいます。
個人事業主は消費者金融のキャッシングで一杯一杯です。しかししっかり自己責任も普通の人たちは持っています。
それは、自分でしっかりルールを作り、限度まで借金をするものの、後は返済に集中する自己責任です。
そして、だいたい、しっかり自己責任持って返済して元金がちょっと減ってきたと思う頃に必要経費であるパソコンなどが壊れ、仕方なく再び借金をする感じでしょうか。
結局自己責任を持っている人たちも、借金はいつでも目一杯なのです。
しかし、個人事業主の労働をしていくために必要であるパソコンが借金目一杯の事態の時に故障したら・・・。
これが個人事業主にとって最大ピンチであり特別の出費です。
パソコンの故障は決してルールに従ってくれるものではありません。
しかし、パソコンを購入するために特別なお金も消費者金融のキャッシングです。
そして、大きなお金を利息のデメリットを引き受け、小さな月々のお金へと分散します。
ここに総量規制の問題が個人事業主にも大きく引っかかってきます。
つまり、消費者金融のキャッシングが年収入の3分の1以上借り入れ大丈夫なら、なんとかしのぐことが出来るものの、実際に今まで貸金業法以前はそういうルールでしのぐことが出来たのです、しかし、貸金業法以後の総量規制のルールは、借金目一杯の人たちの借り入れは消費者金融のキャッシングでは一切駄目と言います。
パソコンが故障した個人事業主は一切労働が停止してしまうということです。
だから、私達はしっかり、消費者金融のキャッシングと、総量規制の対象外のカードローンを区別していかなければならないのです。