レディースローン審査

これだけは譲れないと思うお金の使い道【女性版】

女性はどんな時お金を払う?

オフィスレディーの女性はやっぱり今のお金で満たされていないようです。
そこで、私達はちょっと商品経済について考えてみたいのです。
商品経済とは何か・・・?
私達は、モノがなかった時代にし、食事するためのテーブルが必要だから、テーブルを購入する。
座る必要があるから椅子を購入すると言った感じでモノを購入して行った筈です。
しかし、私達の生活に既にテーブルと椅子はあります。
どの家庭にもテーブルと椅子があります。
これが商品経済の変異です。もう私達は、テーブルと椅子を必要だから購入する訳ではありません。
私達は商品経済のコマーシャルに刺激されて、別に敢えて必要だから購入する必要もないのに購入するように強いられているのです。
それは、テーブルと椅子の機能性ではなくて、テーブルと椅子のデザイン性、話題性と言ったものからです。
いわば、私達は人とモノが直接的に向き合っている時代ではなくて、人と人が向き合ってそのモノを評価するような時代に活きています。
モノの実用性ではなくて、人と人の関係でそのテーブルと椅子の話題性が大きいからそのテーブルと椅子がまた新しく欲しいという欲求が起こります。
お金を使わない人たち。
それはいわば情報に乗らない人です。
そういう人たちは未だ、機能性重視で必要なテーブルと椅子を購入すればいい訳ですが、果たしてそれを賢い女性と現代社会で呼ぶことが出来るのかという問題です。
現代社会で情報を無視して生きることは果たして正しいことか。

情報に全部載っかる女性はいわばミーハーです。
そんな女性は薄っぺらい女性ととられてしまうこともあります。
しかし、ある部分では情報に敏感だという態度もこの現代社会に生きる女性は示していかなければならないのです。