残高スライドリボルビング返済は繰上返済を活用しよう

一見すると便利な返済法

 

ローンには様々な種類があり、それぞれ返済法にも違いがあります。カードローンなどに使われることが多い残高スライドリボルビング返済は、借り入れた金額の残額に応じて月々の返済額が決まるシステムで、返済するごとに月々の返済額が少しずつ減っていくため、一見すると返済時の負担が少なくなるようにみえます。ただしあくまでそれは月々の返済に限った話で、返済時の負担はさらに大きくなる仕組みになっています。一体どうして残高スライドリボルビング返済は負担が大きくなるのでしょうか。

 

 

返済期間が長くなる

 

残高スライドリボルビング返済は、月々の返済額が少しずつ減っていく仕組みになっていますが、返済時の金利の支払いの割合は一切変わらず、その分月々の返済額のうち返済に充てることが出来る額が少なくなってしまいます。そのため全額返済するまでの間に余計な時間が掛かり、その間金利の支払いも続けなければならないため、返済期間が長くなる上返済総額も大きくなってしまいます。長期にわたる返済は想像以上に生活の負担になるので、なるべく残高スライドリボルビング返済の利用は避けるようにしましょう。

 

返済額を抑えるには

 

残高スライドリボルビング返済の負担をどうにかして減らしたい時は、繰上返済を活用するのが一番です。繰上返済とは月々の返済額にプラスして後の月に支払う分の返済額を追加するという返済方法で、この方法を利用する事によってより早く返済を進め、余計な金利を支払う期間を短縮することが出来ます。ただし繰上返済には手数料が掛かることも多く、手数料分損をすることがあったり、返済が始まってすぐの段階で行わないと返済額がほとんど減らなくなってしまうので、繰上げ返済を利用する際はタイミングを測りましょう。