自動審査と正式な審査の違いとは

チェック項目の違い

 

レディースローンを提供するローン会社が今では当たり前になりましたが、実際に利用するためには審査に合格する必要があります。ローンの審査は自動審査から始まることがほとんどで、自動審査に問題がなければ正式な審査に入ります。これらの審査はチェック項目に違いがあり、自動審査は手続の最初に提出する書類に書かれた氏名や住所、借入金額などを参照してローンを組む事が出来るかどうかを簡単に審査します。とはいえ大抵の場合は審査に合格できるので、それほど深く考えなくても良いでしょう。

 

正式審査で本格的なチェックを

 

自動審査に掛かる時間はそれこそ数秒レベルで、大半の方は合格できますが、次の正式審査になるとまた少し事情が変わってきます。正式審査ではローンで借り入れる金額と現時点での収入などをチェックして、本当に支払能力があるかどうかを判断することになります。カードローンのように即日で審査が終わるローンの場合はこちらも数時間ほどの時間で審査を終了させることが出来ますが、限度額ギリギリを借りるなど、大金を借りる場合はより慎重にデータを参照することになるので、場合によっては数日掛かることもあります。

 

レディースローンなら安心

 

数日の審査期間が必要になることもあるローンですが、レディースローンは審査に掛かる時間が少ない分楽に使えるといいます。レディースローンは収入が不安定なパートの方や専業主婦の方でも借りることが出来るように作られたローンなので、収入に関する審査は自分に多少なりとも収入があり、夫にも安定した収入があればほぼ確実に審査に通ることが出来ます。ただし過去に債務トラブルを負っている場合はローンを受けることが出来ないことがほとんどなので、心当たりがある方は注意が必要です。