「妻の名義で夫が借り入れ」は違法

名義貸しは違法行為?

 

レディースローンは金利が安く、審査も比較的緩い事から利用しやすいローンとして人気を集めています。そのため男性にもレディースローンを利用したいと考える方が多く、夫婦で暮らしている方の中には妻の名義でローンを組んで返済は夫が行うという形を取る方もみられます。こうしたローンの組み方は名義貸しと呼ばれており、状況によっては法律違反となりますが、夫婦間の財産が共通で管理されており、ローンを組むことを了承しているのであれば妻が借りようが夫が借りようが状況はそれほど変わらないので、妻が夫のためにローンを組むことも不可能ではありません。

 

夫が債務トラブルを抱えていた場合

 

妻の名義で夫がローンを組むことは出来ないことではありませんが、それは夫と妻両方がローンを組む事が出来ればの話です。夫が過去に債務トラブルを抱えてブラックリストに登録されている場合、妻が債務トラブルを抱えていなかったとしてもローンを組む事が出来なくなってしまいます。この場合夫が同居していなければ妻もローンを組むことが出来ますが、その状態でも妻名義で夫がローンを組もうとすると名義貸しとして罪に問われるので、絶対にローンは組まないようにしてください。

 

十中八九トラブルに

 

こうした名義貸しを利用したローンの組み方は十中八九トラブルに発展します。妻の名義を利用したローンの借り方も、お互いが同意の上で、返済の余裕があるなら、まだトラブルが起きない余地もありますが、妻の同意もないうちにローンを借りるようなことがあれば間違いなく夫婦間の溝を作る原因になりますし、ましてや返済が不可能な状況に陥るまでローンを組んでしまった場合には、お互いの人生にも大きな悪影響を与えることになります。