基本システムは同じ

基本システムはほとんど同じ

 

急にまとまったお金が必要になった時や、欲しいものがあるのに持ち合わせが無いときなどに役立つキャッシングやカードローンは非常に多くの方に利用されていますが、キャッシングとカードローンの違いが今ひとつ分からないという方は少なくありません。いずれもクレジットカードやキャッシングカードを利用して、消費者金融の窓口やATMキャッシュディスペンサーで金銭を引き出すという基本システムはまったく変わらないので、非常に違いが分かりにくいのですが、一体どういう点が異なるのでしょうか。

 

返済方法で表れる違い

 

キャッシングとカードローンの違いは借りたお金の返済方法が異なります。キャッシングは基本的に翌月一括払いが採用されており、借りたお金の全額を来月の返済日に全額返済する必要があるのに対し、カードローンは分割払いが採用されているため、月々少しずつお金を返済することになります。キャッシングのほうが返済までの期間が少ないため、多額の金銭を借りている際は返済が困難ですが、カードローンの場合は返済期間が長くなりやすく、金利の支払などの影響で返済総額が多くなりやすいという特徴があります。

 

どちらを使うべき?

 

キャッシングとカードローンのどちらを使うべきかは状況にもよります。キャッシングの場合は来月に確実に返済できることが分かっている場合に使ったほうが、分割払いを続けるよりもはるかに返済総額を抑えることが出来ますし、カードローンは来月まで金銭的な余裕がなくても月々の支払いがわずかなので、余裕を持って返済を続けることが出来ます。状況次第で返済時の負担の小ささも違ってくるので、お金を何らかの形で借りる際はどちらが有効か考慮した上で利用するようにしましょう。